就活用印象UPメイク術

こちらでは、就活で印象UPにつながるメイク術をご紹介しています。大切な就職活動にお役立て下さい。
メイクアドバイスの手順に沿って、印象UPにつながるナチュラルメイクを実際に行ってみましょう。

ベースメイクアップ

レディースパック
エコノミーパック
【写真】ベースメイクアップ
  • 紫外線は、一年中出ています。下地は、UVカット効果のあるものを使うことが望ましいです。
  • ファンデーションは、首よりも下のデコルテ部分に近い色を選ぶと自然な肌色に近づきます。
  • ほほの高い位置から外側に伸ばしフェイスラインを薄くつけます。
  • おでこと鼻のTゾーンは、汗の出やすい部分ですので、のせすぎに注意しましょう。
  • ファンデーションが、リキッドタイプやクリームタイプをお使いの場合は、最後にルースパウダーなどで定着させて仕上げます。
【写真】ベースメイクアップ
  • 紫外線は、一年中出ています。下地は、UVカット効果のあるものを使うことが望ましいです。
  • ファンデーションは、首よりも下のデコルテ部分に近い色を選ぶと自然な肌色に近づきます。
  • ほほの高い位置から外側に伸ばしフェイスラインを薄くつけます。
  • おでこと鼻のTゾーンは、汗の出やすい部分ですので、のせすぎに注意しましょう。
  • ファンデーションが、リキッドタイプやクリームタイプをお使いの場合は、最後にルースパウダーなどで定着させて仕上げます。
レディースパック
エコノミーパック

アイブロー

レディースパック
エコノミーパック
【写真】アイブロー
  • アイブローの色は、髪と瞳の色の中間くらいの色で合わせましょう。
  • 茶色が強いカラーは、スーツに合わず、印象が悪くなってしまう恐れがあるので注意しましょう。
  • 眉の描き方は、眉山の位置から決めていきます。
    眉山は、黒目の外側と目尻の間。眉尻は、小鼻と目尻を結ぶ延長線上の内側に位置するように描きます。
    眉頭の始まりは、小鼻の上くらいに位置するよう整えましょう。
【写真】アイブロー
  • アイブローの色は、髪と瞳の色の中間くらいの色で合わせましょう。
  • 茶色が強いカラーは、スーツに合わず、印象が悪くなってしまう恐れがあるので注意しましょう。
  • 眉の描き方は、眉山の位置から決めていきます。
    眉山は、黒目の外側と目尻の間。眉尻は、小鼻と目尻を結ぶ延長線上の内側に位置するように描きます。
    眉頭の始まりは、小鼻の上くらいに位置するよう整えましょう。
レディースパック
エコノミーパック

アイライン

レディースパック
エコノミーパック
【写真】アイライン
  • 就活用では、ペンシルタイプのアイライナーを使いましょう。
  • リキッドライナー、ジェルライナーの場合、印象がきつく見えてしまう恐れがありますので、なるべくナチュラルな目元になるよう心がけましょう。
  • アイラインの描き方は、まつ毛の毛と毛の間を埋めるイメージで左右に動かしながら、目尻~目頭間を細かく描いていきます。
  • 最後にメイク用チップやブラシまたは、綿棒などでぼかすとやわらかい印象になります。
【写真】アイライン
  • 就活用では、ペンシルタイプのアイライナーを使いましょう。
  • リキッドライナー、ジェルライナーの場合、印象がきつく見えてしまう恐れがありますので、なるべくナチュラルな目元になるよう心がけましょう。
  • アイラインの描き方は、まつ毛の毛と毛の間を埋めるイメージで左右に動かしながら、目尻~目頭間を細かく描いていきます。
  • 最後にメイク用チップやブラシまたは、綿棒などでぼかすとやわらかい印象になります。
レディースパック
エコノミーパック

アイシャドウ

レディースパック
エコノミーパック
【写真】アイシャドウ
  • 就活用ではブラウン系のカラーを使い、パールやラメの少ないものを選びましょう。
  • 明るいベースカラー、中間カラー、一番濃いカラーの三色あると理想的です。
  • まず、明るいベースカラーを、まぶた全体にのせます。目元を明るくするイメージで、軽く広げるようにつけていきます。
  • 次に、中間カラーを目尻からのせて、目頭に向かって薄くなるようのせていきます。目を開いたときに、ほんのりと色が感じられるくらいでいいでしょう。
  • 最後に、濃いカラーを目尻側にのせて完成です。この時に、チップなどでアイライナーも一緒にぼかしてあげると、なじみが良くなり、落ちにくくなります。
【写真】アイシャドウ
  • 就活用ではブラウン系のカラーを使い、パールやラメの少ないものを選びましょう。
  • 明るいベースカラー、中間カラー、一番濃いカラーの三色あると理想的です。
  • まず、明るいベースカラーを、まぶた全体にのせます。目元を明るくするイメージで、軽く広げるようにつけていきます。
  • 次に、中間カラーを目尻からのせて、目頭に向かって薄くなるようのせていきます。目を開いたときに、ほんのりと色が感じられるくらいでいいでしょう。
  • 最後に、濃いカラーを目尻側にのせて完成です。この時に、チップなどでアイライナーも一緒にぼかしてあげると、なじみが良くなり、落ちにくくなります。
レディースパック
エコノミーパック

ご予約はもちろん、スタジオアップのサービスに関するお問い合わせは
お気軽にご連絡ください。

ご予約・お問い合わせフォーム
このページの先頭へ戻る